日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

前から不思議に思っているのですが(なんかこの書き出しが多いような気がするなあ),よく「遺跡が発掘された」とかあるじゃないですか.

でも,たかだか千年や二千年であんなに埋まってしまうものなのか,と.いくら風が吹いてもあれだけの高さがあるのに,そう簡単に埋まるのかなあ,と.

それにそうなったとしたら,その分だけその辺りの土地は標高が高くなったってことでしょ?隆起とかといった変動でその土地の標高が高くなることはあるのだろうけど,それだと遺跡ごと高くなっちゃいますしね.風によって運ばれた土や砂だけでそんなことあるのかなあ.

ところが,これはある機会に小耳に挟んだことで本当かどうかはわからないのですが(ダーウィンのミミズに関する著作に書いてあるらしい),あれは遺跡の上に砂や土がかぶさるのではなく,遺跡のほうが砂や土の中にもぐっていくそうなのです.

その原因となるのが,みみず.みみずが遺跡の下の土を掘って,それで長い年月のうちに遺跡が下へ沈んでいくのだとか.

これが本当だとすると,ミミズってすごいですね.
[PR]
by kunihisaph | 2005-03-08 22:34 | 人体・生命の不思議