日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

波と風

海の波ってなぜできるか不思議で,でも面倒なのであまり深く考えずにいたんですけど,ちょっと腰を落ち着けて考えてみて,「たぶんこういうことかな」と思いました.

「波」というのは,一般に,物そのものが伝播するのではなくて運動が伝播する現象なわけですけど,海の波っていうのは,水の上下運動が伝わっているですね.だから,問題はなぜその上下運動が生じるかということなのですが,もちろん風によるわけです.

しかし,なんで風で上下運動が起こるかというと,これには「ベルヌーイの定理」という流体力学の定理を知らなければなりません.なぜ(野球の変化球の)カーブが曲がるのかというのを説明するときに使われる定理ですね.

正確には難しい式を書くのですが,言わんとすることは,「流れが速いと圧力が低くなるよ」ということです.有名な実験は,蛇口から流している水の近くに糸に結んだピンポンだまを近づけると水のほうに引き寄せられるというものですね.

水の流れに引きずられて,周辺の空気が移動して,ピンポンだまの蛇口側の流速が反対側より早くなるため,(蛇口側の)圧力が低くなり,そちらへピンポン球が引き寄せられるわけです.

で,海上を風が吹くと,海上側の気圧が低くなります.そのため,海面が局所的に上昇して,風が少し弱まると(風ってずっと途切れることなく一方向に同じ強さで吹いているわけでない),海面が下降します.このようにして起こった上下運動が伝播していくのが海の波の正体なのかな.

ところで,台風が来たときによく「高潮警報」って出されますけど,あれは台風っていうのは要するに「強い低気圧」なわけで,低気圧っていうのは周辺より気圧が低いわけですから,台風がやってくると,海面を押す圧力が弱まって海面が上昇するわけですね.

そうそう.ベルヌーイの定理ついでにいうと,よく飛行機が飛ぶ原理としてベルヌーイの定理が引き合いに出されることがありますが,実は飛行機が飛ぶ原理というのはまだよくわかっていないんですね.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-29 12:00 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書
最近…というか,ずいぶん前からですけど,ニューズ番組を見ていると,キャスターっていうんですか?そういった感じの人が,たとえば,殺人事件だの詐欺事件だのといった類のニュースを報告した後,「こういうのはホントに許せませんね」などということがありますね.

ああいうコメントは何度聞いても,なんていうか「しら~」とした気分というか,いやな気分というか,すごい違和感を感じてしまいます.

なんなんだろう,この気分は.こういうの感じるのは私だけではないと思うのですか,どうでしょうか?

たぶん,ひとつには,こちらが聞きたいのはニュースであって,キャスター氏の個人的な感想を聞きたいのではないからというのがあるのでしょう.

もちろん事実以外のことでも,そのニュースについての独自の鋭い分析などだったら傾聴に値するのかもしれませんが,「こういうのは許されませんね」「怒りを感じます」などという誰でもいえるようなことを言われてもな~という気分があるのでしょう.

個人の趣味で立ち上げている日記サイトや仲間内での雑談じゃないんだから・・・と思ってしまうのですね.

それともうひとつは,確かに,おそらくほとんどの人は,そういうニュース,特に老人が詐欺にあって老後の資金を巻き上げられたとか,幼い子どもが誘拐されて殺されたとかといったニュースなどを聞くと,気分が悪くなると思います.それが先天的なものなのか,そういう倫理的教育を受けてきたからなのかはわかりませんが.

しかし,じゃあ,そういうニュースを聞いてどこまで本気で「怒り」を感じるのかというと,実際のところ,「いやなニュースだねえ」で終わる人がほとんどではないでしょうか.中にはそうでない人もいるのかもしれないけど.そういうニュースを聞いて,じゃあそういう事件が起こらないようになにか具体的に行動を起こそうという人はめったにいないでしょう.

そして,おそらくそのニュースキャスターも例外ではない.

なのに,公共の電波に乗せて,誰かが感想を求めたわけでもないのに「怒りを感じる」とか「許せない」とかいう.そこに「いやな気分」の原因があるのかもしれません.

もう少し言うと,私は,赤の他人の不幸に本気で同情したり,赤の他人がひどい眼にあったからといって本気で「なにかしなければならない」とは思わないし,そしてそれは人間として正常なことだと思っています.だから,具体的に行動を起こさないことに対して「いやな気分」を感じているのではなくて,(私の目から見ると)明らかに本気で「怒り」を感じたりしているわけでもなさそうであるのに,そういうことを言うこと,そしてその言明を言うことにほとんど意味を感じられないこと,が「いやな気分」の原因なのでしょう.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-28 14:18 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

逆正弦定理

昨日は,いまアメリカで動物行動学を研究している友人が一時的に帰国したので会ってきました.

で,本屋で待ち合わせたのですが,その間にチラッと読んだ確率論の本に「逆正弦定理」というのが紹介されていました.

たとえば,AとBというふたりの人がコインを使って賭けをします.表が出たらAがBから1万円を,裏が出たらBがAから1万円をもらうとします.コインは完全に1/2の確率で裏と表が出るとします.

これをもし,たとえばAならAの,もとのもち金を0として,損得の金額を縦軸をとって,横軸を賭けをした回数にとったグラフを書くと,0のあたりをうろうろするグラフになりそうですが,実はずっと正の領域(得している)か,ずっと負の領域(損している)かというグラフになってしまうそうです.

これを逆正弦定理というそうです(なんで逆正弦定理というかは,説明がめんどいので省略).

もちろん期待値は0のはずですから,充分な長時間でみると,結局,正の領域にいる時間と負の領域にいる時間帯は同じになるはずなのですが,ある程度の回数以上,ある程度の回数未満だとそういう結果になるということでしょうか(だからいったん勝ちだすとしばらくは勝ち続けるが,それがずっと続くというわけではない).

直観的には,確率が1/2といっても,もちろん裏と表が交互に出るわけではないので,たとえばどこかで表がかたまって出ることがあるはずです.で,いったんそうしてある程度(Aの立場から見て)正の領域へ行ってしまうと,今度はまた裏が同じくらい固まって出ない限りは0にもどってこれない.

もちろん,その試行の間に裏表が同じ数だけ出ていれば最初にどれほどずれていようが,必ず0になるのですが,しかし,確率1/2といってもそれは無限の時間をとったときの話で,有限の時間では必ず偏りがあるはずです.すると,試行している期間での偏りが表の側にあるならば,いったん正の領域に行ってしまえば,その後の試行において,0にもどってくるのは難しい.

たとえば,阪神と中日のゲーム差が1.0くらいならまだしも,4.0とかになってしまうと,それでも一見,まだ手が届きそうな差のように見えますが,阪神が5連勝しても,その間5試合の中日の負けが4敗以上にならないと逆転できないのですから,阪神と中日の力が互角であるならば,阪神が逆転するのはかなりむずかしいですよね.て,ちょっと違うか.

ちなみに,このサイトではこの逆正弦定理を,コンピュータシミュレーションを使って検証しています.

もうひとつちなんでおくと,この逆正弦定理は「ツキの法則」ともいわれ,いったん勝ち出すと,ずっと勝ち続けて,いったん負けだすとずっと負けだすことがよくあるのはなぜかということがこの法則を見るとよくわかるといわれます.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-26 14:03 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

金曜日に

久しぶりに大学へ行きました.3週間ぶりくらいか.そんなにも大学へ行かなかったのは,もしかして学部3年生のとき以来のような気がしますが.

うちから大学まで片道10数キロあるのですが,基本的に自転車でいきます.ですが,この間は3週間も間が空いたからか,ちょっと次の日(昨日)太ももが痛かったです.

いまのところは大学とうちの間にほとんどたいした坂道はないのですが,前の前に住んでいたところは,そこも,いまより少し短い程度でやはり10キロ以上距離があったのですが,それにくわえて,うちが山の中腹あたりにあったので,行きはよいのですが,帰りがけっこうしんどかった覚えがあります.

このころはバイトもやっていたのですが,ひとつは山の下,ひとつは山のてっぺんあたりで,上ったり降りたり大変でした.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-24 13:04 | 研究生活

自家製とか手作りとか

近所に「自家製カレー」と書いてある店があるのですが,なぜ「自家製カレー」とか「手作りパン」とかおいしそうに感じるんでしょうね.まずい可能性も大いにあるはずですが.

しかしたまに「手作り"風"」とかいうのもありますね.なんなんだ,「風」って.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-21 12:16 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

語るに落ちる

長年,「語るに落ちる」という言葉の意味を取り違えていました.広辞苑によると,もとは「問うに落ちず,語るに落ちる」で,
人から問われたときには,用心して胸の中の秘密を言わないが,何気なく話すときには,かえって真実のことを洩らしてしまうものだ.
という意味だとか.

ふーん.ずっと「それなりの地位にある人物が凋落してしまって,その人物のことを他者に語るほどではなくなってしまった」もしくは「それなりの地位にあるが,実はたいしたやつでなく,語るほどでもない」という意味かと思っていました.

というのも,ちょうどこれが使われる文脈って,この勘違いしていた意味でもうまくフィットすることが多いんですよね.

地位的に高い人が,なんらかの不正疑惑をかけられて,それに反論するときについつい不正があったことを確証させるような事柄を話してしまったときなんかに使われるわけですけど,これも「自らそんなことをしゃべってしまうなんてやつもしょせんその程度の人物か」みたいにとっても意味が通じてしまうという.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-20 08:33 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

やっと

先週掲載許可をもらった論文の修正をして再投稿しました.月曜には出すつもりが,読み返すたびに直したいところが出てくるという.

あと,消えてしまったファイルの修復もほぼ終了.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-15 12:06 | 研究生活

温泉に行ってきました

ここ数日すっかり秋らしくなってしまいました.このまま夏が終わるのでしょうか.暑いのが苦手な身としてはうれしいのですが,物足りない気もします.いつもは9月ってまだ8月と変わらないくらい暑かったような気が.

ところで,そんなことをしている暇はないのですが,昨日は日帰りで和歌山へ温泉に入りに行ってきました.和歌山県の橋本市(なんばから南海で50分ほどでいける)にある「ゆの里」という健康ランドみたいなところなのですが,一昨年の夏くらいから何度か暇を見つけて行っています.

温泉(銀水と呼ばれる)のほかにも金水という無菌の地下水がわいていて,これは入浴客にはただでわけてくれます.この金水と銀水を適当な割合でまぜたものは「月の雫」というなまえで飲料水として売っています.施設内にいる間はただで飲み放題です.

この金水には利尿作用があるらしいのですが,たしかに,いつも飲み過ぎてやたらとトイレが近くなってしまいます.金水で入れたコーヒーや紅茶,金水で炊いたお米は結構おいしいです.
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-13 14:00 | 日常生活

ふえ~

wordで大事なファイルに別のファイルを上書き保存してしまったんですけど,なんか復活させる方法をご存知の方がいらっしゃいました教えてください~!
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-07 23:41 | 研究生活

自転車のブレーキ

関西はここ数日,雨のせいかすずしいです.いつもなら九月でもあまり八月と変わらないくらい暑かったように思うのですが.晴れの日でさえ,気温自体は30度を越していても,大陸性の高気圧が張り出してきているせいで,乾燥していて,蒸し暑くない.九月ってまだ北太平洋高気圧の勢力が強かった気がするのですがどうだったかな.

ところで,自転車のブレーキって,基本的に後輪より前輪のほうが利きが悪いじゃないですか.それはいいんですよ.前輪の利きがいいとあぶないということで.

で,一般に右側ハンドルが前輪ブレーキで左側ハンドルが後輪ブレーキですよね.これはなんでなんだろう.

雨の日って,自転車乗るときに右手でハンドルを握って左手で傘をさすわけですが,そうすると,ブレーキは右側ハンドルのブレーキ,つまり利きの悪い前輪ブレーキのみになるわけです.雨の日は特に利きが悪くなっているものですから,下り坂だと怖いんですよね.

いや,そもそも雨の日もかさでなくて合羽を着るべきなのかもしれませんが.とくに家から学校までは10km以上あるので,これくらいの距離があったら合羽のほうが明らかに効率的ですよね.

ていうか,片手運転って,条例違反だか軽犯罪だかだったりします?
[PR]
by kunihisaph | 2006-09-07 14:39 | 日常生活