日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふとした疑問

よく店の駐車場とかで「当店にご利用の方以外の無断駐車を禁止します.当店にご利用の方以外の駐車は発見し次第,金壱万円を頂戴いたします」的な張り紙とかあるじゃないですか.

あれって,法律的な強制力あるんでしょうか.

それと,ちょっと話はずれるのですが,いつも思うんですが,よく「ここでごみを捨てるな!」的な張り紙もありますよね.

まあ,ゴミ捨て場風な場所で実はゴミ捨て場でないようなところは意味があるのかもしれませんが,常識的に考えてごみを捨ててはならないようなところでこの張り紙は意味があるのでしょうか.

というのも,「どう考えてもそこにごみを捨ててはいかんだろ」というところにごみを捨てる人間というのは,捨ててはならないということを「知っていて」捨てている可能性が高いので,「ここでごみを捨てるな」と言われたところで,「あ,すてたらあかんかったんか」とはならないだろうからです.

行ってみれば,逃げていく泥棒に「まて!」というようなもんでしょうか.ちょっと違うか.

まあ,どちらにせよ,効果がないとわかってはいてもあまりにひどいといいたくなる気持ちもわからんでもないですが.それに,場合によってはホントに知らんやつもおるのかもしれんし.あと,もしかしたら張り紙によって「見られている」という効果を相手に及ぼして,小心者は捨てにくくなるという効果もあるかもしれません.あ,じゃあ効果あるやん.

で,この話をもうちょっとでかくすると,よく映画や演劇,小説などで,「戦争の悲惨さを訴える」的なものあるじゃないですか.

あれも,同様で,まあ常識的な感性と想像力があれば,戦争をしたらいたるところで悲劇が起こる,ということはわかるわけで,そんな映画だの小説だのを見て初めて「ああ,戦争は悲惨だな,してはいけないな」と思う人はむしろ,どうかと.

いや,まあ,映画などの意義は別にそういうメッセージを伝えることだけにあるわけではないからいいんですけど.ドキュメンタリーも事実を伝えるということで別の意義があるしね.なんか恐る恐るしゃべってますね.
[PR]
by kunihisaph | 2006-12-29 15:23 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書
ミッシェル・ウィーとか宮里藍とか安藤美姫とか10代で活躍している女性がいると,必ず,「でも,そのプライベートでの姿は普通の女の子」とか言うんですね.

何でそんなこと言う必要があるのか.たぶん10代で活躍する男子に対してはそんなこと言わないと思うんだけど.言わないよね?

織田信成とかに対して「でも,リンクを降りるとと普通の男の子」とか言わんよねえ.
[PR]
by kunihisaph | 2006-12-11 13:56 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書
吉村作治・増田義郎『インカとエジプト』(岩波新書)

エジプトが専門の考古学者・吉村作治氏と文化人類学者の増田義郎氏の対談.

昔は「四大文明」といって,古代文明といえばインダス・メソポタミア・ナイル・黄河文明だったのですが,いまはそれらに,アメリカ大陸のアステカ・マヤ・インカ文明を加えるのが一般的になってきています.

しかし,まだ前4者の「旧世界」文明と後三者の「新大陸」文明の比較考察はあまりされていない.そこで,本書ではこれらでも,外的からの脅威が比較的少なく安定していたという点で共通しているエジプトとインカを比較しようという試み.

教科書的には,石器→青銅器→鉄器の順で文明の度合いが上がるように考えられているが,どちらも,外的との戦争が少なかったためか,青銅文明の段階であるにもかかわらず,高い文明を発展させた(特にインカはスペイン人によって滅ぼされる最後まで青銅器段階にととどまった).

もうひとつ面白い共通点は,どちらも最高権力者を生きている段階で神格化していること.メソポタミアなどではそういう傾向がない.そういわれれば,日本も天皇を神格化していましたが,中国の皇帝は権力こそ強大ですが,神格化はされていませんよね?

孤立しているということと権力者の神格化との間にはどのような関係があるのでしょうか.

あ,そうそう.ピラミッドって実は王の墓じゃない(と現在では考える学者が多数)って知っていました?発見されているピラミッドのうち,ミイラが置かれていた形跡のあるのは1基だけだそうです.盗掘の可能性もあるのですが,それにしても,ミイラの布片とか何か残ってそうなものだけどそれもない.しかも,まだ封印を解かれていない石棺が見つかったとき,当時のエジプト大統領立会いの下あけてみるとなかは空だったことから,どうやら墳墓ではないようなのですが,目的はわからないようです.

ちなみに,インカ文明にもピラミッドがあり,こちらは逆に昔はネクロポリス(死者の国)における建造物で墳墓ではないと考えられていたのが,いまではミイラが埋葬されているのが見つかり,墳墓だとされているそうです.

あと,これはときどき吉村氏がいろんなところで語っているので有名かもしれませんが,ピラミッド建設って奴隷労働じゃないんですね.

そもそもエジプトやアンデス地方には奴隷制度がない.農閑期に農民を動員して,税から給料も払っていたそうです.いわゆる再分配というヤツで,古代文明では,公共事業や祭りを通してこのような再分配が頻繁に行われていたそうです.

どうせ返すならはじめからとらなきゃよさそうなものですけど,再分配によって権力の強化をするんですね.
[PR]
by kunihisaph | 2006-12-08 11:01 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

博論提出

昨日は博士論文を提出してきました.

11時半ごろに教務にいって「博論提出しに来たんですけど」というと,博論担当の兄ちゃんが来て,「指導教員の先生と一緒に提出してください.あ,ちなみに11時半から教務は休憩なんで12時半以降に着てね」といわれました.そんなのきいてなかったよ.

で,とことこと指導教員の部屋に行って,「12時半以降で空いてる時間ありますか」と聞いたら「14時半までむり」といわれる.え~.あと3時間もどうしよう?こんなことになるんだったらなんか本でも持って来ればよかった.

仕方なく,大学近くの古本屋で漫画の立ち読み.『修羅の門』の復習をしようと思ったのだけどなかったので,目に付いた『コータローまかり通る』を読む.

14時半になって指導教員と提出に行く.履歴書のある箇所で文句を言われて,修正液を使って書きなおす.再提出.やっと受け取ってもらえる.

初めの計画だとさっさと出して昼過ぎには家に帰ってくるつもりだったのに,結局家に帰り着いたら5時まえでした.まあ,それでもなんとか出せてよかったですけど.
[PR]
by kunihisaph | 2006-12-06 11:51 | 研究生活