日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

学位記をとりに

d0067914_11191330.jpg学位記をもらいに行ってきました.教務掛で学位記を探しに行ってくれた事務員さんがなかなか帰ってこないので,実は学位が取れていないんじゃないかとちょっと不安になりましたが,無事ゲットしました(写真下が文学博士号の学位記,上が理学博士号の学位記).

ところで,阪大の文学部の英文表記がDepartment of Lettersなので,文学博士の英文表記もDoctor of Lettersなのかと思っていたら,Doctor of Literatureでいいんですね.まえに海外のポスドクへの応募書類にDoctor of Lettersって書いちゃった.

ちなみに,イギリス人の友人に「文学部って英語でどういうの?」と聞かれたのでDepartment of Lettersだと答えると,「haha! Department of 手紙!?」と笑われてしまいました.イギリス人から見ると,Department of Lettersはおかしいのか?

それはともかく,博士号を取ったからといって職はないんだよね.そこで一句.

「博士号,とれどもとれどもなおわが暮らし楽にならざり.じっと手を見る」.

まあとりあえず,がんがん論文書いて学会や研究会で発表しないとね.あと,いま,口頭試問での批判やコメントを受けて博論を全面改訂しているのですが,それができたら単著として出版しないとなあ.お金ないけど.

ところで,その日は新しいバイトの一回目だったのですが,結構働きやすそうなところでした.今日は高校物理で,高校物理なんてしばらく見ていないのでちょっと不安でしたが,とりあえず何とかなりそうです.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-30 11:20 | 研究生活

電車で爆睡

終着駅に着くと,回送になったりいったん車内清掃したりする場合もありますが,そのまま引き返す場合もよくありますよね.

それで,けっこうそういうとき,ほかの乗客がすべて降りてしまって新しい乗客が乗り始めているのに爆睡しているひとというのをわりとよく見かけます.同じ車両だったら起こしてあげたりするんですけど,いったん自分が降りてふと車内を見たときにそういう人を発見したときは,さすがにわざわざもう一度乗っておこすこともないよなあと放っておいているんですが,起こしてあげたほうがいいものなんですかね?先日,京都に行ったときもそういう人がいたんですけど.

でも,考えてみたら,その人はもしかしたら,終着駅より前の駅で降りようと思っていて乗り過ごしたのかもしれないし,それだったらかえってそのまま引き返したほうがいいかも.

ちなみに,私はいままで基本,電車の中で寝たことがない・・・というか寝れないです.あと,電車のなかであんなにたくさんの乗客が寝ているのって,日本くらいだという話も聞いたことがあります.海外じゃ,すりとかあぶなくって寝れないとか.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-27 14:27 | 日常生活

科哲コロキウムで発表

昨日は京都科学哲学コロキウムという研究会で発表してきました.もとは博論に収めていた議論なのですが,ちょっとナイーブに過ぎる気がして,口頭試問での批判も考慮に入れて若干修正したものを発表してみました.

聴衆の反応は「まあ,ふつうになっとく」といった感じで特に反論も出なかったのですが,ただ,その聴衆の数が非常に少なかったので,実際のところどうなんだろうという感じです.それに,もしぱっと見,反論のない議論だとして,それならそれで今度はこの程度の議論はすでにどこかで同じような議論があるんでないかという不安もあります.とりあえず,博論書く前に主要ジャーナルをざっと調べた限りではそれらしきものはなかったのですけど.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-26 11:01 | 研究生活

新しいバイト

学部編入や大学院入試のための予備校というのが最近はあるらしくて,今度からそこで働くことになりました.結局,塾講しかなかった・・・.

基本は個別授業らしいなのですが,個別にしては時給がいいです.まあ,集団授業でもらえる平均的な時給くらいでしょうか.個別ってローソンで夜中に働くのとあまり変わりないくらいの時給しかもらえませんからね.

ところで,「学部編入や大学院入試のための予備校」といっても,それだけだとそんなにたくさん生徒がいるわけもないようなので,高校生も教えるみたいです.

それはともかく,それでまずは医学部編入試験の生徒の物理を教えることになって,過去問をわたされて解いてみたんですが,大学受験と違って,こういうのは誰かが解答を作ってそれが公開されているということが基本的にないので,面倒です.解答があったら,それが単なる略解であっても,とりあえずそれを先に見て解けばかなり時間が節約できるのですが.

しかし,こうやって問題を解いたあと一瞬,「今日は勉強したなあ」という達成感というか満足感が生じるのですが,考えてみれば,これは単なるバイトの予習で,自分のための研究とは関係ないという.バイトの予習で満足している場合じゃないだろ,という.しかも解いただけではお金にはならなくて,それを情報として生徒に与えなければならなくて,お金がもらえるのは情報を与えるのに要した時間のみに対してだから,解くのにあまり時間をかけていたらだめだ.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-23 09:46 | 日常生活

in the lap of luxury

in the lap of luxury:ぜいたくに
(例) Most people work hard merely to survive, while a few live in the lap of luxury.

com up: 宝くじなどにあたる,抽選などで選ばれる
I had a belief that my numbers would come up on the lottery.

ちなみに,come upにはいろいろな意味があるんですけど,この宝くじに当たるという意味はリーダース,英和大事典には載っていましたが,英辞郎にはのってませんでした.ただ,「昇ってくる」という意味を基にして,「現れる」「ある状態になる」「生じる」みたいな意味が派生的に出てきた感じですね.すると,「宝くじで当たる」も「自分の番号が抽選のコンピューター画面上に現れた」とかそういう感じで理解できるのかなあ.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-21 11:24 | 英熟語

fall between two stools

新出英熟語・成句

fall between two stools: 虻蜂取らずに終わる.
(例) constructive empiricism falls between two stools.

You can't have your cake and eat it.
菓子は食えばなくなる(両方いいことはできない).
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-16 08:24 | 英熟語

take issue with/by and lare

ずいぶん前に,新出の英熟語があったらメモ代わりにここに書こう,と言っていたのですが,すっかり忘れていました.

あれから今日までいろいろあったのですが,何があったのか忘れてしまったので,今日出あった熟語だけ.

take issue with...: ~とあらそう,~の意見に異議を唱える.
例文:The second argument takes issue with the constructive empiricist's notion of evidence.

by and large: 全般的に,概して
例文:The theories of science are, by and large, true.

ちなみに,by and againはときどき.by and withは~により.by and byはやがて,まもなく.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-12 11:37 | 英熟語

カルチャーショック

昨日,「助手の先生」と書いたけど,理系(医学は知らんけど)の場合,「助手」って学生からすると「先生」なんですよね.ところが,哲学の方に移ったらみんな助手を「さん」付けで呼んでいてびっくりしました.どちらかっていうと「兄貴分」「姉貴分」みたいな感じ?

まあ,自然科学系だと(たぶんどこの学部・大学でもそうだと思うのですが)助手って演習の授業をもつんですね.そういうのがまた「先生」という感じなのかもしれない.形式的にはその演習と関連のある講義を担当している助教授か教授が担当者になっているんですけど.

ところで,大学院生の経済援助と教育をかねたティーチング・アシスタント(TA)という制度があるんですけど,これも理系と文系(といってもサンプルがそれぞれひとつずつしかないので一般化していいのかわからないですけど)でだいぶ違うみたいです.

哲学はほんとうに「おてつだい」って感じなんですけど,理系の場合はもっと仕事の割合が大きい.

理系の場合,TAって実験と演習なんですけど,演習の場合,演習は必修になっていることが多いので,50人くらいの学生がとっています.でも,演習なんてのは少人数でやらないと意味がないので,それを3クラスにわけて,助手とTAふたりがそれぞれひとクラスずつもちます.

演習問題としてどのようなものを使うかは助手が決めるんですけど,それ以外のことはそれぞれのTAにまかされます(進度は互いになるべく合わせるようにはしますが).だから結構予習とかが大変だったんですよね(それでやはりTAを「先生」と思っている学生がいて,私もときどき「先生」と呼ばれてました.訂正するのが面倒だったのでほっときましたけど・・・ていうか,「先生」の定義ってなんなんでしょうね).

実験の場合は,普通の実験はあらかじめやることが決まっているのですけど,計算機実験になると,担当のTAがテーマを決めなくちゃいけなかったりします.これが結構困るんですよね.あまり難しいのをやってもできないし,簡単すぎても意味ないし.

まあそのかわり,給与は文系のTAと比べてだいぶよかったんですけどね.

ちなみに,アメリカの場合は文系でもTAの仕事はだいぶきついみたいです.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-11 15:58 | 研究生活

結局解けなかった謎

量子力学では「同種の粒子は識別できない」という前提があります(これと不確定性原理から導かれる量子力学的粒子が従う統計がフェルミ統計とボーズ統計です).

で,物理をやっていたころ,あるセミナーで,一次元の問題を論じていたとき,一次元だから,二種類の粒子があれば,この粒子の位置関係を変えることはできませんよね?

それでそのことから一次元における特徴的な性質が出てくるのですが,このとき,そこに参加していた助手の先生に「識別できないんだから,たとえばこのふたつの粒子がぶつかって反射しとき,これを位置関係が変わったと解釈することもできるんじゃないか」と質問されました.


なるほど,と思ったんですが,結局この疑問は解けずじまいでした.これってどう考えたらいいんだろう.

…ということを,あるところでライプニッツの不可識別者同一の原理について話していて思い出した.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-10 09:38 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

花粉症

前に一度,「今日は花粉症がひどかった」と書きましたが,実はあの日以外は非常に軽くすんでいます.土・月・火と長時間外出していたのですが,ほとんどくしゃみも鼻水も出ず.眼が少々かゆかった程度でした.

考えてみると,結婚後からかなり症状が軽くなっているんですが,やはり食生活の変化なのかなあと思います.それまでやはり外食が多かったですしね.あと,最近は肉類を控えているのもあるかもしれません.

軽くなったといえば,アトピーの症状もかなり軽くなりました.

これは,食生活以外にも,純石鹸を使うようになったことが影響しているのかもしれません.食器をあらうにも,洗濯するにも,顔をあらうにも体をあらうにも,頭髪をあらうにもすべて純石鹸.

さらに最近は,食器を洗うときにアクリルたわしを使って石鹸もあまり使わないようになって,洗濯機も引っ越したときにサンヨーの洗剤のいらないものを買ったので,あまり使っていません.

このサンヨーの洗濯機,販売したときに確か花王ともめたような気がします.花王側が「洗剤使わないで汚れが落ちるわけねえ」とかいって.

でも,もう一年間使っていますが,日常的な下着やタオル類は問題ありません(ひと月に一度くらい石鹸であらう).

サンヨーは経営やばいらしいので,買ってあげてください.
[PR]
by kunihisaph | 2007-03-07 13:24 | 日常生活