日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

生物とはなにか

ところで,先日紹介した『生物と無生物のあいだ』では,自己複製機能と動的平衡状態が生物の特徴であるということを述べていました.

確かに,いま発見されている生物ではそうなのかもしれませんが,これが生物の定義だといっていいかどうかは難しいところです.

将来,人工的にそのような能力をもった,しかし鉄だの半導体だので構成されるものが作り出されるようになったとして,それを「人工生命」とか「人工生物」というかというと,言わないのではないかという気がします(つまりこれらの条件は十分条件ではない).

すると,そもそも「人工生命」とか「人工生物」という言葉自体が語義矛盾で,自然的につくりだされたものでなければならないのかというと,そうでもない気もします.

もし将来,無機物から有機物を人工的に合成して(試験管ベービーやクローンはかなり自然の力に頼っている),そして,上記のような特徴をもつものを作り出すことができると,「人工生物」「人工生命」というかというと,言いそうな気がします(自然発生的は必要条件ではない).

では,上記のような特徴をもち,かつ有機物(といっても,たんぱく質やアミノ酸など)によって構成されていることが重要なのかというと,それもそうではない気がします.

たとえば,将来,どこかの惑星で,炭素の変わりに珪素を主成分とする「なにか」が自然発生的に存在していて,しかも,新陳代謝をまったく行わず,生殖も行わないけど,「それ」は惑星のうえを動き回り,まるでなんらかの「意志」をもっているように(昆虫程度でもいいのですが),われわれには見える.すると,やはりこれは「地球外生命体」つまり,「生物」なのではないかという気がします(有機物であることや自己複製や動的平衡系であることは必要条件ではない).

すると,「意志」をもつかどうかが重要なのかというと,鉄腕アトムは意志をもっていそうに見えますが,あれを生物とは言わないでしょう(「意志」を持つことは十分条件ではない).

もちろん,プラスチックは生物ではないし(有機物であることは十分条件ではない),植物は意思を持っていなさそうですし(意思を持つことは必要条件ではない),自然にできたものすべてに生命があるわけでもありません(自然発生的であることは十分条件ではない)

つまり,自然発生的であること・自己複製をすること・意思を持つこと・有機物によって構成されていることはそれぞれ必要条件でも十分条件でもないように思えます.

ウィトゲンシュタインの言う「家族的類似」のようなものかとも考えたのですが,そうすると,これらの条件のうちいくつかをもっているのに生物と呼ばれないようなものがあるものもあるのがなぜなのだろうという気もします.

ただ,うえで挙げた例を見ると,人工なのに,生物と呼ばれるためには,有機物が必要である気がします.そして,もともと「有機物」とは「人工的には合成できない化合物」がそう呼ばれていたのでした.後に技術が発達して有機物も合成できるようになり,炭素を含む,一酸化炭素や二酸化炭素などをのぞく化合物というような定義になります.

そのようなことを考えると,やはりバックグラウンドとして「自然発生的」というのがあり,そのうえに,家族的類似的に「意志を持っている」「自己複製ができる」「動的平衡系である」といった条件があるのかなあという気もします.どうなんだろう?
[PR]
by kunihisaph | 2007-06-20 11:21 | 人体・生命の不思議

電車で小便!?

先週,神戸に遊びに行ったときに,ついでに芦屋の谷崎潤一郎記念館にも行こうかと思って(結局行かなかったのですが)いろいろ調べていたのですが,なかなか衝撃的な文章を見つけてしまいました(ネタ元).

大正14年頃,大阪では子どもに電車内で小便をさせる人が結構いたらしいのです.谷崎はその光景を二度見て,それが二度とも阪急電車内で,しかも阪急電車は関西でももっとも「品のいい」電車だといわれていたからなおさら衝撃的だったようです.

しかし,電車内で小便って.放出された小便は一体どこへ流れていくのか.
[PR]
by kunihisaph | 2007-06-18 11:21 | ネタ

コーヒーに勝てません2

昨日の続きなのですが.

プラシーボ効果かどうかを正確に確かめるには,ダブルブラインド(患者だけでなく,患者に薬を与える側もそれがプラシーボ(偽薬)か本物かわからないようにする)にする必要があります.この場合だと,実験者が喫茶店に潜んでいて,私がコーヒーを注文したらウェイターもしくはウェイトレスに気づかれないように,カフェイン抜きのものにすり替えるとか.

ところで,コメント欄で「味噌汁にカフェインを入れて出す」という実験も必要なのでは?という示唆がありましたが,「もしかしたらコーヒーのカフェインと緑茶や紅茶のカフェインはタイプが違うのか?」という仮説があったことを考慮すると,「カフェイン抜きと偽ってふつうのコーヒーを出す」という実験の方が適切なのかもしれません.

それはともかく,薬のプラシーボ効果をしらべるときは,コーヒーの場合で言う,「カフェイン入りだと思わせといて実はカフェイン抜き」というのは調べても,この,「カフェイン抜きだと思わせといてカフェインが入っている」に相当する実験は行われていないのではないでしょうか?どうなんだろう?

患者の食事にこっそり薬を混ぜておくとか?
[PR]
by kunihisaph | 2007-06-15 14:21 | 日常生活

コーヒーに勝てません

昔から,コーヒーを飲むと夜寝れなくなります.昼間に飲んで,飲んだこと自体すっかり忘れていても,夜眠れず,「あれ~ねむれんなあ,なんでやろ~」と考えて「あ,そういや,今日コーヒー飲んだわ」みたいな.

しかし,紅茶や緑茶はいくら飲んでも別に眠れなくなることないんですね.コーヒーのカフェインは緑茶や紅茶のカフェインとは微妙にタイプが異なるとか?それともただのプラシーボ効果でしょうか.でも,忘れていてもしっかり眠れんようになるしなあ.

だれか,私にカフェイン抜きのコーヒーをありと偽って飲ませてくれないでしょうか.それでも眠れなくなったらプラシーボですね.
[PR]
by kunihisaph | 2007-06-14 22:13 | 日常生活

エジプト展

今日は神戸市立博物館のエジプト・ミイラ展を見に行ってきた.ひさしぶりに3D映画を見た.いまは赤と緑のメガネじゃないのね.土産屋に猫のミイラ柄ネクタイがあったので買おうとおもったけど,8500円だったのであきらめた.
[PR]
by kunihisaph | 2007-06-10 22:26 | 日常生活

野次猫

窓を開けると,隣の家のやねで野良猫が喧嘩していました.それをうちのねこどもが真剣に見物していました.
d0067914_19375469.jpg

[PR]
by kunihisaph | 2007-06-09 19:38 |

何で大学ばっかり?

ちょっと流行に乗り遅れた感のする話題ですが.

麻疹はやってますね.関西の大学も休校になったところ多いみたいです.

しかし,あまり中学・高校で麻疹で休校になった,というニュースは聞かないですよね?

単に大学の休校と比べると,珍しくないから報道していないだけ?

もし,中高生にはあまりはやっていないのだとすると,それはなんでなんですかね?いまの高校生の世代はワクチンをうっている,ということもないですよね?
[PR]
by kunihisaph | 2007-06-08 11:39 | 日常生活

播州銘菓

播州たつの市の銘菓に「鮎もなか」(下写真参照)という鮎をかたちどった最中があります(どうやらたつの市だけでなくいろいろなところで同じものが銘菓みたいですけど).これが昔好きだったのですが,先日,近所のスーパーで「ふるさとフェア」的なものをやっていて,そこで見つけたので買ってきて食べました.うまい.

播州銘菓には他にも塩味饅頭というのがあって,これはわりと珍しいものみたいです.これも森田家はみんな好きで,ときどき近所のスパーで売っているので,それを買って,母や姉(とくに姉)にあげると喜んでくれます.

あと,御座候」というのもあります.これはいわゆる回転焼きとか今川焼きとか言われるもので,どうも別に「姫路銘菓」というわけではなくて,これを売っている有名店の本社が姫路だというだけみたいです.
d0067914_10461844.jpg

[PR]
by kunihisaph | 2007-06-06 10:44 | 日常生活