日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

太ももでも死ぬ

NFLの選手がふとももを撃たれて,出血多量でなくなったんだって.人間ってふともも撃たれても死ぬんっすね.動脈とかあるしなあ.「急所は外れたぞ」とか言っている場合じゃないですね.
[PR]
by kunihisaph | 2007-11-28 10:25 | 人体・生命の不思議

親指はなぜ太いのか

島泰三『親指はなぜ太いのか』(中央公論社)

著者はアイアイなどを研究しているうちに,霊長類は歯の並びと手が主食と密接に関係していることを見出す.

そして,人間の親指が太く他の4本の指と向かい合っていること,歯の並びが平らであること(犬歯があまり大きくなかったりする)から,初期人類の主食は骨であったと結論づける.

骨なら他の野生動物が食べ残したものがたっぷりあるし,骨髄などから十分な栄養が採れることも証明されているという.

手の構造は,硬い骨を砕くために,石を用いたのだが,それを持ち易くする為に発達し,歯は硬い骨をすりつぶすために発達したという.

さらに,人間が直立二足歩行なのは,四足歩行だと骨を砕くための石を持ったまま移動するのが不便だからだという.

以上の作者の主張を述べる前に,さまざまな霊長類の食生活のフィールドワークから手と歯の構造が主食と関係していることを見出す過程や,初期人類の主食や直立歩行の理由の先行研究の検討などもある.

そういえば,10年ほど前だったか,一度テレビ番組で「初期人類は水中で進化した」という説を見たことがあるんですけど,あれってだめだめだったのかなあ.

陸上は危険な野生動物でいっぱいだから,水中で主に生活していて,そのときに水上に顔を出して呼吸できるように直立になって,もともと恒温動物の体毛というのは保温のためだけど,水中で生活するのに毛が生えているとと動きにくいし,水中から出たときに毛がぬれていると重いし,体もかえって冷えるということで,毛がなくなった,と.
[PR]
by kunihisaph | 2007-11-20 11:09 | 人体・生命の不思議

つくね汁

いわし(もしくはさんま)のたたき身に,みそと,刻んだねぎとしょうがを混ぜてつくねを作り,昆布のだし汁で白菜などの野菜とともに煮込む.

いままでかつおでだしをとっていたけど,つくねから出るだしと(どちらも魚ということで)かぶるので,昆布の方がいいかも.これはまじうまいです.

d0067914_12435952.jpg

[PR]
by kunihisaph | 2007-11-14 12:46 | 男の料理

まただ!

前に二度ほどバイト先への途上に見かけたおっちゃんの話をしましたが,昨日またいました.

前二回は確か金曜の夕方から夜にかけてのことだったのですが,今度は土曜の昼間.やはり同じ陸橋のうえでヤンキーずわりをして,タバコをふかしていました.いつもセカンドバックを持っています.なんだろう?やはりキャッチかなあ.でも人通り少ないんですけど.

ところでこの陸橋,結構大きいのですが,土曜の昼にときどき若い女の子2,30人がたむろしていることがあります.昨日もそのおっちゃんからとおくはなれたところでたむろしていました.バンドの追っかけとかかなあ.それともそのおっちゃんを遠くからみんなで観察するのが目的だったりして.
[PR]
by kunihisaph | 2007-11-11 13:04 | 日常生活

18年ぶり

高校時代の友人が仕事の関係で阪大に来たので,会ってきた.実に18年ぶり.なつかしかった.残念ながら1時間半ほど話ができただけだったが,今度はもう少しゆっくり話がしたいものだ.
[PR]
by kunihisaph | 2007-11-10 15:44 | 日常生活
昨日,ヒュー・プライスという有名な科学哲学者が京大で講演をするというので,片道2時間強かけて京大に行ってきました.ところが,京大に着いてから重大なことに気づきました.・・・京大のどこであるんだ?

いつもは科学哲学関係の講演会は文学部のある部屋であるので,今回もそうだろうと思い込んでやってきたんですが,講演の20分前でも鍵がかかっているし!しばらく待っても誰も来る気配がない.

あちゃ~.誰かに聞こうにも誰にも聞きようがないしなあ.しばらく呆然とした後,帰途にあるジュング堂で本のやけ買いをして大阪に帰りました.
[PR]
by kunihisaph | 2007-11-07 12:22 | 研究生活