日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月も終わり.

書きかけの論文をやっとこさ書き上げる.どうもなかなかうまく書けずに予定を大幅に過ぎてしまった.年末で事務所もやっていないだろうから投稿は年明けにする.投稿前に見直したらまた書き直したくなって,だらだらと延びそうだから,あまり見直さないで出そう.

昨日,ポストを見たら,2年半ほど前に第1稿を投稿した論文の掲載可の通知が.はじめに投稿してからレフェリーコメントをもらえるまで1年以上かかって,再投稿してから次のレフェリーコメントをもらえるまでにまた1年以上かかって,再々投稿してから今回の通知までは2ヶ月ほどだった.

後はなんだ.『理系のための科学哲学入門(仮題)』は構成についての議論は収束してきて,とりあえずサンプル原稿を書き始める.もう一つの科学哲学入門は,担当さんが忙しいらしくて,構成案(ver3くらい?)の返事がなかなかこない.これは年明けに持ち越しそうだ.

量子力学の哲学入門のほうは,もう一名ぜひとも参加してもらいたい共著者がいるのだが,返事がまだこない.まあ,各人いろいろと都合があるだろうから急かすことはできない.年明けまで待とう.

で,12月が終わりということは2008年も終わり.今年はいろいろとあった.

3月までは阪大の特任研究員.3月には初の単著を出版.4月からは近畿大学で英語の非常勤(1セメスター丸丸やる大学の非常勤は初).10月から早稲田大学で初の専任教員(任期つきだけどね).初物尽くしの1年でした.

来年も研究面でいろいろと初物があればいいのだけど.
[PR]
by kunihisaph | 2008-12-29 20:44 | 研究生活

免許の更新

に行ってきました.住所変更の届けを忘れていたので,更新のお知らせはがきが届いていなくて,あやうく失効するところでした.われながらよく気づいたよなあ.

いま,新しい免許書はID化されていて,本籍が免許書の表に出てこなくなりました.個人情報保護のためと偽造防止のためらしいです(現在は一部で発行される免許書のみ).

将来的には,住所や生年月日,名前も免許書を見ただけではわからなくなるそうです.世の中どんどん進んでいくね.

あと,道路交通法がいろいろと改正されているらしいのだけど,自転車関係でいうと,自転車通行可の歩道でなくとも,車道の状況によっては通行してもよくなったそうです.

じっさい,せまいのに交通量の多い車道に並行してある歩道で自転車通行可でないものがあったりして困っていたんですが,これで大丈夫ですね.

ところで,都庁の免許更新センターに行ったのですが,新宿駅から都庁に行く途上に「動く歩道」があります.

以前,うわさで「動く歩道で(止まって歩道が動くのに任せず)歩くのはせっかちな関西人だけだ」というのを聞いたのですが,こちらでもほとんどの人が歩いていました.

ただ,たしかにエスカレーターでは左側でとまっている人が多くて,関西ほど右側(関西の場合は左側ですが)を歩く人は多くないですね.
[PR]
by kunihisaph | 2008-12-15 23:25 | 日常生活

インフルエンザ

金曜日の夜くらいから,なんだか喉というか鼻の奥?が痛いなあ,と思っていたら,翌日には悪寒がして,頭も痛くなってきて,体温を測ると38.9度くらいありました.おまけに節々が痛くなってきて「あ,こりゃインフルエンザだなあ」と.

調べると,インフルエンザは「一般的な体力のある大人であれば」一週間ほどで回復に向かうとか.ええっと,水曜日に阪大で講義をしなくちゃいけないんですよね.まにあわへんやん.

とおもっていたら,今朝起きたらすっかり気分がよくなっていて体温も37.2度に下がっていました.

インフルエンザじゃなかったのかなあ?

そういえば風邪とかインフルエンザとかになったのって,3年か4年かぶりだなあ.前は夏風邪をひいたんですよね.喉が痛んで,声が出なくなりました.風邪をひいて声が出るなんて初めての体験だったのでちょっと楽しかったのですが,運悪く,アレはなんていうんだったっけ?若手哲学夏の学校?かなんかそんなに参加したときだったんですよね.おかげで研究発表で質問しようとしても声が出ないし,懇親会でほかの参加者と話をしようとしても声が出ないし.

自分はあまり風邪とかひかないほうなのですが,やはり環境の変化で免疫力が多少落ちていたのでしょうか.軽いアトピーにかかっているのですが,引っ越してきたから症状がすこし重くなっているのですよね.今まであまり出てなかった顔にもすこし出てきたりして.

ところで,昔…もう10年以上前のことだったと思いますが,生牡蠣にあたったことがありました.アレは死ぬかと思ったね.牡蠣を食べた翌朝,猛烈に腹が痛くなって目を覚ましたら猛烈に腹を下して,しばらくすると,すごい悪寒がしてきて,熱を測ったら,アレは確か39度を超えてたんじゃないかなあ.よほど救急車でも呼ぼうかと思いました.呼ばなかったけど.

それから確か1,2年後,今度はカキフライを食べたら翌日やはり,前のときよりは大分軽いんだけど,激しい下痢に見舞われました.そういや,なんか一度あたったらまた当たるという噂を聞いたことがあるようなないような….とおもって,それから食べずにいたのですが,「牡蠣にあたる」というのは,ノロウィルスに感染することで,一度感染すると抗体ができるから,むしろあたりにくくなる,もしくは当たってもかなり軽症で済むらしいですね.

じゃあ,二度目にあたったのはなんだったんだろう?牡蠣アレルギーというのもあって,それも場合によっては食中毒と同じような症状になるらしいですが,一度当たる前はふつうに食べていたので,ちがうよなあ.それとも,アレルギーもあるとき急になることがあるから,じつはあるときから牡蠣にアレルギーをもつようになったのでしょうか.でも,そのとき(10年以上前)にあたったときは一緒に牡蠣を食べた人たちはみんな当たったらしいからなあ.ちなみに1,2年後に食べたときは一緒に食べた人は平気だったそうです.
[PR]
by kunihisaph | 2008-12-07 14:46 | 日常生活