日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月も終わり

・四月から哲学史の授業をするので,ちょっとずつ授業の準備を進める.う~,思ったより時間がかかるなあ.来年度は講義の準備でかなり時間がつぶれそうだ.

・理系のための科学哲学入門は,サンプル原稿について編集者さんとやりとり.少しずつ進む

・もう一つの科学哲学入門は音沙汰なし.こちらから連絡しようかと思ったけど,講義の準備で忙しそうだし,なんか立ち消えになってもいいかな的な気分でこちらからは連絡していない.

・7月にオーストラリアはメルボルンで開催されるMetaphysics of science conferenceで発表することになりました.英語の勉強しなきゃ・・・.

・某論文を某雑誌に投稿.

・あしたから名古屋で開催される科学基礎論春のセミナーにいってきます.今回は発表しません.
[PR]
by kunihisaph | 2009-02-28 14:59 | 研究生活

現行犯逮捕

あることをネットで調べていたんですが,そのときにアンサイクロペディア(http://ansaikuropedia.org/wiki/)というサイトを見つけました.ウィキペディアのパロディサイトらしいです.

DHMOみたいな「砂糖」の項とか,「自宅警備員」「大学入試センター試験」などもおもしろいのですが,それはともかく,「この人痴漢です!」の項で,警官や検察官でなくても現行犯逮捕はできる,とある箇所があって,本物のwikiでも「現行犯逮捕」の項にそう書いてありました.

その後,テレビをを見ていると,ちょうどコンビニだったかに入った強盗を客が現行犯逮捕した,というニュースがありいました.そうなんだ.
[PR]
by kunihisaph | 2009-02-20 15:12 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

最近見た映画とか

・ゾンビに襲われる夢を見ました.ゾンビ映画の見すぎ.しかしゾンビ映画を見ているといつも思うのですが,なんでかまれても大丈夫なように厚手の服を着て,肌が露出しないようにしないのか.あと,遅いゾンビは不気味だけど,何とか逃げれそうですよねー.上記のような対策をしていれば.まあ,それだと映画が面白くないわけですが.

・ジョン・カーペンター監督の『光る眼』を見ました.ネットでは散々に酷評されていたので今まで見てなかったのだけど,CATVでやっていたのでついつい見てしまいました.期待せずに見たからか,結構面白かったです.スーパーマンとルーク・スカイウォーカーも出てたし.最後の超能力バトルの安っぽさもグー.

・掘り出し物だったのは『ボディ・スナッチャー』.あるとき突然,周りの人たちが人格がかわってしまう,さあ大変.というハナシ.ドナルド・サザーランドにハエ男,そしてスポックまでもが出ているという豪華さ.「ハエ男」といわれてもぴんと来ない方も多いかもしれませんが,キャット&ドッグやインディペンデンス・デイ,ジュラシック・パークなどにも主役もしくは準主役で出ている俳優さんです.この顔ぶれでB級というのはどうなのよ?という気もするのですが,見るとやはりB級.とくに宇宙人が人間を見つけたときのリアクションとか.

・『十二人の怒れる男』.昔の名画系はどうも肌に合わないみたいなのだけど,これはおもしろかった.密室で男十二人が議論をしているだけなのに退屈させないというのはすごい.ただ,「やっぱり陪審員制度は怖いよね」ともおもった.

・『フェイク』.ジョニー・デップとアルパチーノの二大スター競演.ジョニーデップっていつも変な格好をしているから,この映画みたいに普通の格好をされても誰だかわからなかった.「どこかで見たことのある俳優さんだなあ」と思いつつ見ていて,エンドロールでジョニーデップだとわかった.ところでアメリカの映画ではよく囮捜査とかやっているけど,合法なんですね.これも実話を本にした映画とあったし.日本じゃ違法だったと思うけど.

・いま早稲田大学が入試期間中なのですが,入試期間中はキャンパスへの入り口が正門と通用門しか開いていない.受験生は正門のみを出入りできるんですが,これも試験の時間中はしまっているんですよね.しかも通用門にはちゃんと何人もの警備員がいて教職員証などを見せないといけないという.阪大と大違い,ていうかたぶん国公立でこんなに厳しいとこはないと思うけど.私立はこういうとこが多いんですかね?
[PR]
by kunihisaph | 2009-02-15 11:34 | 日常生活