日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日,聞くとはなしに,ラジオの選挙演説を聞いていたら,「努力すれば報われる社会の実現」とか言ってました.ああ,なんかいかにも選挙演説で出てきそうなフレーズですな.

でも,「努力すれば報われる社会」ってよく考えたら意味がわからないですよね.可能性として,

(1) 努力すれば,成果が出るような社会
(2) 成果が出なくても努力さえすれば,報酬がもらえる社会(努力賃金?)

(1) 社会構造の問題ではなくて,個人の資質の問題だから,政治が介入するよなことではないですよね?まあ,社会構造の問題も0ではないんだろうけど.

(2) 努力さえすれば,成果が出なくても報酬がもらえる社会なんて国民が望んでいるようには思えませんよね.

たとえば,営業畑の人が,まったく契約取れなくても,取れるように努力さえしていたなら給料が上がるような社会が望ましい社会のようには思えませんよね.また,学者の世界でも,全然論文は書けないし,学生からの評判も悪いけど,努力さえしていれば認められるような社会でもねえ.

まあ,たぶん,言いたいことは,むしろ,「ちゃんと成果をあげればそれが正当に評価される社会」ということなんでしょうけど.そして,通常,「努力すれば成果がでる」と思われているので,「努力すれば報われる社会」なんてフレーズが出てくるんだろうと思いますけど.

いや,じつはそうでもないのかな.なんか「成果を出せば報われる社会」だとなんか大衆ウケしなさそうな感じもしますわな.やはり努力が大事なんか.
[PR]
by kunihisaph | 2009-08-26 15:40 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

野菜を食う猫

うちのちびは野菜が好きです.ちなみにパンも大好きで,パンを食べるとお座りして分けてもらうのを待っています.パンを必死で取ろうとしているところ


[PR]
by kunihisaph | 2009-08-17 11:33 |

えさを横取りする猫

うちのオービュエは手が器用で,ちびのえさを横取りしたりします.

[PR]
by kunihisaph | 2009-08-16 11:47 |

手で水を飲む猫

うちのオービュエは手が器用で,手で水を飲みます.


[PR]
by kunihisaph | 2009-08-15 11:35 |

それは無理

d0067914_16332571.jpg
d0067914_16334424.jpg

[PR]
by kunihisaph | 2009-08-14 16:33 |

パンくれ~

d0067914_1426429.jpg

[PR]
by kunihisaph | 2009-08-12 14:26 |

日蝕時の現象について

そうそう.前に書こうと思っていてすっかり忘れていたのですが.

日蝕のときに起きる現象についてふたつほど不思議に思ったことがありました.

ひとつは,日蝕が起きる地域が,中国→日本のように西から東へ移動することです.

まず,月が,地球-月-太陽と一直線になった時点で静止するとすると,日蝕は東から西へ移動するはずです(地球は西から東に自転しているから).

だから,この現象は,もちろん,月が西から東へ地球の周りを公転していることによるものなのですが,月は約30日かけて地球の周りを一周するのに対して,地球は1日で自転するわけですから,地球の自転速度の方があきらかに速いわけです.

なのに,月の公転による影響のほうが地球の自転による影響よりおおきく現れるのは不思議なように感じます.

これは,公転,自転の「角」速度を比べてしまうから不思議に思うだけで,月が地球に落とす影が地球表面上を動く速度と,地球の自転による地表の回転速度(こういうの何速度と言うんでしたっけ?)を比べれば,おそらく,前者の方が速いので,日蝕の地域が西から東へ移動しているのだと思います.

まあ,この説明はたぶん「正解」だと思うのですけど,わからないのは,もうひとつの現象です.

硫黄島だったかの中継を見ていると,そこは天気がよかったのですが,日蝕が進み,あたりが暗くなると,地平線ぐるり360度が夕焼けのようになっていました.これがわかりません.

ネットで調べても,そういう現象があるということは書いてあってもメカニズムはない.

ひとつ考えたのは,夕焼けの場合,西側に太陽があるわけですから,光がやってくるのは西側からだけです(言い換えると,東や北,南には太陽が照っていない).しかし,日蝕の場合,くらくなっているのは月の影によって覆われている部分だけで,まわりはあかるいはず.

それゆえ,日蝕の起きていない地域からの光が差し込んできて,それは大気中を長距離進んでくるので,夕焼けと同じで赤色の波長の光だけが,届いた,ということです.

たぶんこれも「正解」だとおもうのですけど,ひとつめの回答ほどは自信がありません.
[PR]
by kunihisaph | 2009-08-10 16:38 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

7月も終わり

オーストラリアでの国際会議.詳細は前述.

1月に投稿した論文のコメントがやっと返ってきて,修正して再投稿.もうちょっと早くコメントほしいなあ.

『理系人に役立つ科学哲学入門』.最大の難関の章2つのうちひとつ「確率とはなにか」の章完成.もうひとつの「生物学の哲学」の章はやっと半分くらい.これらができたら後は早い・・・はず.これらふたつは専門家にチェックしてもらう.

共著『量子力学の哲学入門』.少しずつ進み始める.まだ出版社に企画が通るところまでは行っていないけど.

先日は編集さんと共著者のうちの二人の四人で内容について話をする.わりと話のわかってくれる編集さんぽくてよかった.面白い本になりそうです!
[PR]
by kunihisaph | 2009-08-02 13:30 | 研究生活