日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2月も終わり

2010年も6分の1が終わった.

昨年末までに書く予定だった論文をやっと書き終えて投稿した.
だらだらしていたのも原因のひとつだが,じつは,はじめに考えていたこと(とくに先行研究にたいする理解)がまちがっていることに気づいて先行研究をあらためて調べなおしていたりして時間がかかった.

単著は,まだゲラ刷りが来ない.四月中に出版はほぼ確実に無理そうだ.

共著にもそろそろ取り掛からなければいけない.共著者たちに今後のスケジュールを送る.

来月の14日にあるシンポの準備が全然できてない.概要を送れというから送ったが,われながら「とりあえず思いつきで書きました」感が満載だ・・・.

---
16世紀,コペルニクスが天動説から地動説への転換を唱えたのを契機に,ガリレオ,ケプラーらを経てニュートンが1687年『自然哲学の数学的諸原理』(通称,プリンキピア)を出版するに至って近代科学は成立したと言われる.ガリレオの論敵がアリストテレス主義者たちであったことからもわかるように,近代科学は,二千年ものあいだ西洋社会を支配してきたアリストテレス哲学を覆すものであった.そして,この後,哲学と科学は袂をわかっていくこととなる.しかし,「対立」とはたがいに共通の基盤がなければ生まれないものであり,それゆえ,アリストテレス哲学(そしてそれに先んじる古代ギリシア哲学)と近代科学には(東洋思想にはない)共通する思想があるのも確かである.本講演では,近代科学の根本には西洋哲学に脈々と受け継がれてきた思想が残されていることを見る.とくに(1)質の違いを量の違いで説明する思想,(2)あるものはあり,あらぬものはあらぬという思想の2点に注目する.また,科学と哲学の違いにも言及する.
[PR]
by kunihisaph | 2010-02-28 13:21 | 研究生活

カーリング

一昨日の朝,出発の準備を終えた後少し時間があったので,ホテルのテレビでカーリングの日本対中国を見ていました.いままでカーリングなんて見たことがなかったけど,意外と面白いですね.もう少しで,出発が遅れるところだった.

まあ,一昨日書いたように,飛行機も遅れたんで,多少遅れてもよかったのかもしれませんが.

ところで,大阪にいたときや東京にいるときは,真冬でも下着・薄手のセーター・コートという三枚しか着ないのですが,さすがに北海道ではこれだと寒いだろうと思って,一枚たして,さらに十年ほど前に妻に買ってもらったもののそのまま一度もつけたことがなかった耳当てまで持っていったのですが,思ったほど寒くはなかった.

数字上はもちろん,本州よりもずっと寒いのだけど,あまり外にいることもなかったし,厚着をしてかえって暑くて,到着後,札幌駅で昼飯を食っているときなど,汗が出てきたくらいでした.帰りは結局,一枚脱いで,いつもの服装でした.

で,カーリングに話を戻すと,昨日のイギリス対日本もすごい試合でした.ネットを見ていると,日本のスキップの目黒さんのことを「キレイ目の光浦靖子」と評している人がいて納得してしまった.
[PR]
by kunihisaph | 2010-02-21 11:49 | 日常生活

冬の北海道

一泊二日で北大であった講演を聴きに行った.おもしろかった.

帰りは滑走路の積雪で1時間以上出発が遅れた.下は北大の様子.止めてある自転車が埋もれている.

d0067914_18163540.jpg

[PR]
by kunihisaph | 2010-02-19 18:16 | 研究生活

聖書の起源

山形孝夫『聖書の起源』(ちくま学芸文庫)

前半は,旧約聖書に沿ってイスラエルの歴史を描く.

後半は,新約聖書のイエスに関する逸話,とくに病の治癒の奇跡に,イスラエルの伝統だけではなく,ヘレニズムの治癒神の伝統の影響を見るが,最終部分は新約聖書の虚実について論じる.

本全体を通しての一貫性がない感じはしたが,わりとおもしろかった.

いくつかおもしろかった話.

モーセの十戒について.

ふつう,禁止命令のような形で訳されるが,ヘブライ語の語法に即して直訳すると断言形式になっているという話.

たとえば,「汝,盗むなかれ」は「あなたは盗むことはないだろう.盗むはずがない」というのが直訳.

これはつまり,神の恵みが絶大であるから「盗む」などということをそもそもするはずがないということ.言い換えると,禁止語法になると,それは「盗む可能性」を認めてしまうことになるが,そのような可能性を認めると神の恵みの偉大さが薄れるから.

ヒポクラテスの話.

ヒポクラテスは紀元前5世紀の医師だけど,この頃すでに,「私たちの快楽も歓喜も,笑いも戯れも,悲しみも苦悩も,憂うつも啼泣も,そうしたすべては脳以外からは生じない」と述べて,精神病を悪霊つきと断定して商売の種にしようとする祈祷師たちを非難したとか.

あとは,共観福音書どうしの異同について.
[PR]
by kunihisaph | 2010-02-02 18:45 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書