日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3月も終わり

d0067914_16204646.jpg


3月も終わった。

再来週から新学期か。。。

家の近所の山の桜が満開であった。
散歩に行ってみたら、案の定、ご近所さんと思われる人々がシートを敷いて花見をしていた。

Journal of Quantum Information Scienceに掲載可。なんか久しぶりの査読論文だが、サボっていたわけでなくて、3本ほど(他の雑誌にだが)リジェクトされてボツになったのだ。まあ、これらの論文ももったいないのでもう少し勉強して議論を練っていつか日の目を見せてあげたい。

あともう一本、査読コメントが返ってきて再投稿に(ちなみにそれは哲学の雑誌)。前も書いたけど、ふつう再投稿まで行けば査読コメントからよほど外さなければ掲載になるのだが、某雑誌でそこまで行って、結局リジェクトを食らったことがあるので今回は慎重にいきたい。一応今回のコメントにはinterestingだのprovocativeだのといった単語が並んでいるのだが、前に結局ダメだった論文の査読コメントにもauthor's assertion should be highly esteemedとか書かれてたのにダメだったからな。。。
[PR]
# by kunihisaph | 2015-04-01 16:20 | 研究生活

1月も終わり

1月も終わり。

なんかいろいろと書こうと思ったことがあるけど、いざ書き込み画面を開いたら面倒くさくなった。

『アインシュタインvs.量子力学』の売り上げは今のところイマイチ。
自分としては、今まで書いた本の中で一番気に入ってるんだけどなあ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4759815945/
[PR]
# by kunihisaph | 2015-01-31 15:58 | 研究生活

11月もおわり

2014年最後の月ですな。

・太宰府の国立博物館であった故宮博物館展に行った。なかなかおもしろかった。思わず、お土産をたくさん買ってもうた。

・共著『近代学問の起源と編成』が出た。私は「近代科学の起源」という論文を寄稿。
http://www.amazon.co.jp/dp/4585220992/

・単著『アインシュタインvs.量子力学』(化学同人)が1月に出ます。
下記サイトに概要と目次があるが、自分で言うのもなんだが、面白そう。カバーがかっこいい。定価は税抜2,600円、税込2,808円
http://www.kagakudojin.co.jp/book/b186025.html
d0067914_14552554.jpg
d0067914_14534789.jpg

[PR]
# by kunihisaph | 2014-12-02 14:57 | 研究生活

9月も終わり

9月も終わり。

・前にもすこし言及した『帰ってきたヒトラー(Er ist wieder da)』が邦訳されたので、読んだ。
前に言及したときは確かドイツ語で読む云々言ってた気がするのだが、結局、日本語で読んだ。へたれ。

・そういえば、数年前に阿蘇山に行ったのだが(そのときはまさか後に九州に住むことになるとは思わんかった)、火口付近で急にみんな咳き込み出して、なんか変なにおいがしてきたなあと思ったら、警報が鳴って下山させられた(ちなみに、火口付近にはいくつか避難者シェルターがあった)。このときは多少、活動が活発になって有毒ガスが出てきたくらいだったが、運が悪ければ、御嶽山のようになったのかもしれないと思うと、人間、死はいつも身近に転がっていると考えざるを得ない。

今回のような自然災害もそうだが、ふつうに通勤しているときでも、いくら気をつけていても、どういう偶然で事故に遭うかわからないし、事件に巻き込まれるかもわからない(もしかしたら今日、そうなるかもしれない)。また、先日の健康診断でなにも悪いところが見つからなかったのにもかかわらず、突然病死するかもしれない。
[PR]
# by kunihisaph | 2014-09-30 13:00 | 研究生活

8月も終わり

d0067914_12294120.jpg

d0067914_1230389.jpg

早いなあ。

今年の夏はずっと梅雨みたいだった。

今年もゴーヤを作ったので、夕食がゴーヤづくしだった。
d0067914_12282842.jpg


8月前半は、採点や、会議や、単著の最終原稿提出、書評と共著書の担当分の原稿の校正などそれなりに忙しかったが、後半はなにもなかったので、このあいだに論文を書いたり、勉強をしたりしようと思っていたのに、なんかいつの間にか終わった。

北九州で北斎展があったので行ってきた。なかなか楽しかった。
北斎は晩年、号を「画狂老人卍」と改号して(「画狂老人」は副次的なもので卍が本来の号らしい)、それをみた妻が「プリンスみた~い」と喜んでいた(*)

*プリンスは一時期、変な記号になってしまった。このとき、便宜上(?)The artist formerly known as Princeと呼ばれていた。
[PR]
# by kunihisaph | 2014-09-01 12:30 | 研究生活