日々考えよう


by kunihisaph
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

頭のよさと笑い

「お笑い芸人」というのはかなり「頭のよさ」が要求されるな,とつねづね思います.たとえば,ダウンタウンの松本人志とか,島田紳助とかはかなり頭がいいと思います(個人的に紳助は嫌いだが).

ただし,芸人の中には,仕草のおかしさや,そういったもので笑わそうとしているものが多いですね.ダチョウ倶楽部とか出川なんかがそれなんですけど.いずれも,自分の面白さを引き出してくれる相手がいないと成り立ちません.

ところで,「頭のよさ」と「笑い」がなぜつながるのか,そしていっぽうで,つながらないのに,面白いことがあるのはなぜか

そもそも「笑い」というのには,二つの種類があると思います.どちらにも共通するのは「日常からのずれ」「予期されるものからのずれ」です.

さて,まず第一は,「通常」よりも劣ったものを見て優越感を感じることによる「笑い」です.これには頭のよさはいりません.あるひとのドジな姿を見たときに出る「笑い」です.

たとえば,ある人が歩いていて,通常ならそのまままっすぐに目的地にすすむはずなのに,不意になにかにつまずいて転ぶ,つまり予期しないことが起こって「わらい」がおこるわけです.幼子の仕草を見て「かわいい」といって笑うのもこれに入るでしょう.彼らは大人が予想しないような言動をすることによって笑いを誘うわけです(と言ってもある程度予定調和の中にある,ぬるい笑いですが).芸能人の出るクイズ番組で,常識的な問題に答えられない芸能人を見て笑うのもこれでしょう(「なんでそんな問題が答えられないんだろう,信じられない」という意味での「予想外」).

で,このカテゴリーはさらにふたつにわかれ,「笑いの対象」を他の場所から提供する場合と,自分自身が「笑いの対象」となる場合があります.

昨今のお笑い芸人の笑いのほとんどは後者だと思います.プライドさえ捨てれば楽だから.

では,前者はなぜ難しいのかというと,まず,そういう状況を見つけ出すのが難しい.たとえば,「日常的によく見るのだが,よく考えるとおかしい」という状況を見つけ出すと,「笑い」につながるわけですが,そういうことを見つけるためには,鋭い観察眼が必要であったりするし,それがなぜおかしいのかということを表現する術も必要になってくるわけです.

このパターンは「毒舌」にもつながりうるわけですが,頭が悪い芸人が,「毒舌はおもしろい」と単純に思って,これをやると悲惨なことになります.単に自分の嫌いなものの悪口を言っているだけで何の芸もないわけです.

みんなが嫌いなものの場合は,単に悪口をいうだけでもよいかもしれませんが,そうでない場合は,やはり理由がいるわけで,そういったものがすべてすっ飛ばされ,単に自分の感情だけで物を言っていると,おかしいどころか不愉快にすら感じます.

そして,毒舌の難しさは,さらに,あまりに過剰であると,多くの人の反発を買うということです.そのあたりがうまいのが紳助で,私が彼を嫌いな理由もここにあります.ぎりぎりのところで,「いいひと」にふみとどまっているということです(毒舌を吐きながら,「実はいい人」という印象付けをするのがうまく,その辺にむしろ性格の悪さを感じる).

いかにもなににでも噛み付いているようでいて,本当にタブーなところはうまく避けています(その点はたけしもおなじだが,たけしには紳助のような話術がない).

ところで,初期のダウンタウンのコントは,別に毒舌ではないのですが,紳助との対比で言うと,かなりタブーともいえるところに挑戦していて評価できました.彼らが子供や年配者にはあまり受けないというのはわかるような気がします.

もうひとつの「笑い」は,どう表現したらいいのかわからないですが,たとえば,ふつう思いつかないような表現やアイデアを出して相手を笑わせるというものです.普通は組み合わされないふたつのものを組みあわせるとか.いわゆる「しゃれ」もこれに入るわけですが,それが誰にでも思いつくような組み合わせだと「駄洒落」になるわけです.

さて,この手の笑いは,ダウンタウンのコントでよく見られるものですし,いまでも松本のトークには時々見られます.

今でも覚えているのが(もう7,8年は前のことだと思いますが),松本が特別に「お笑い漫画道場」に出ていて,「みかん」をテーマになにか漫画を描く,となったときのことです.

フリップの真ん中にみかんがひとつ書かれているのですが,それに回答者はなにかを書き加えて笑いにするという課題でした.

他の出演者はみんな笑いが「予期しない展開」によって起こるのを知っているので,みかんの顔を地蔵に見立てたり,いかにみかんを「おもいもよらないなにかべつのもの」に見立てるかに苦心していたのですが,松本だけは,そこをさらにもうひとつひねって,みかんをみかんと見立てて,フリップにひとつだけ書かれたみかんのまわりに多くのみかんを描いて「果物屋」としたのです.

つまり,みんなが「なるべくみかんから離れること」が「予期しないこと」だと考えたのに対して,むしろ,「みかんをみかんと見ること」が「予期しないこと」であることを見て取ったのですね.こういう「通常の文法から離れる」ということに関して,本当に松本は天才だと思います.

それはともかく,いわゆる「シュールな笑い」なんかもこの部類に入るでしょう.このカテゴリーはひとつ間違えると,「不気味」になってしまう.不気味も日常からの逸脱にあるので.「ブラックジョーク」などというものがあるのも,恐怖と笑いの親近性を表していると思います.

哲学と「笑い」もそういう意味では似ていて,「日常に潜む不思議なこと」を見つけ出すのがある意味で哲学という営みであり,それゆえに,ときどき哲学は常識的な人にとっては,「笑い」の対象になってしまうことがあります.たとえば,「目の前のコップは本当に存在するかどうか」とか「アキレスは亀に追いつけるか」などという話をまじめにすると,ひとによっては大笑いするわけです. 
[PR]
# by kunihisaph | 2004-08-07 09:27 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書

IHの原理

最近,IHという調理器がはやっていますが,皆さんはこのIHのしくみについてご存知でしょうか.

IHはInduction Heater(電磁誘導ヒーター)の略で,中学理科で習う「電磁誘導」を利用してなべ自体をヒーターにしてしまうものなのです.

電磁誘導とは,コイル中の磁場(磁界)が変化すると,コイルに電流が流れるという現象で,自転車のライトや,原子力発電や火力発電などのほとんどの発電システムに用いられています(太陽光発電は違います.あれは光電効果だと思います…たぶん).

IHも,なべ自体をコイルとみなして,電磁誘導を起こさせるわけです.具体的にはなべを乗せるところに,大きさが変化する磁場を発生させる装置があります.その上になべを乗せて,なべの中の磁場を変化させると,なべに電流が発生して,それによってなべ自体がヒーターのようになり,中のものが暖められるのです.

だから,土鍋などのような電流が流れないものはだめなわけです.

その一方で,アルミのような電流がとおり易すぎるのもだめです.それはなぜなのでしょうか.

そもそも,なぜ電気を流してあたたかくなるのかというと,抵抗(電流を通りにくくするもの)があるからなのですね.たとえれば,摩擦が大きい(抵抗が大きい)ものをこすると熱くなりますよね.ところがつるつるのものをこすってもあまり熱くなりません.

それと同じで,抵抗が少ないものは電流が通りやすいのですが,その代わりに熱もあまり発生しないわけなのです.

ところで,だれかから,磁石にくっつかないものは金属でもIHに使えないという情報を教えられてことがありますが,どうやらそれはそれで本当のようです.いま使えないといったアルミも磁石にくっつきません.

しかし,磁石がくっつかないことと電流の通りやすさの関係が私にはわかりません.誰かわかるかたがいたら教えてください.

----
[訂正]

IHでなんで磁石がくっつかない金属は使えないのかがわかりました.透磁率の問題です.

透磁率というのは,IHが発生させている磁場に対してどれくらいなべがその磁場を通すか,というようなものなんですね.

たくさん磁場を通せば通すほどそのなべにかかる電圧は高くなります.一般に強磁性体(磁石にくっつく金属)は透磁率が高いので,物を熱するに十分な電流が流れますが,そうでないものは電流がほとんど流れないのですね.

だから上の「アルミなべはなんでIHでつかえないか」の説明はうそですね.そもそも透磁率の小さいアルミのなべに発生する起電力は小さいので電流もほとんど流れないわけです.だいたい抵抗が小さくても電流がその分たくさん流れれば発熱量も増えるだろうに.大丈夫か,俺.
[PR]
# by kunihisaph | 2004-07-20 12:42 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書
民俗学者の小松和彦によると,「呪い」とか「たたり」というのは,ある種の「説明」として導入されたものだといいます.

たとえば,ある人(もしくはある社会)に不幸が続くのはなぜか.それは,その人が誰かからのろわれているからというわけです.

村落などでよくある伝説に「六部殺し」と言われるものがあります.ある家が六部(巡礼者)を泊めてやったときに,その六部を殺して彼の所持していた金品を奪ったため,その呪いでその家には不幸が続いたのだ,というものです.

小松和彦は,さらに,このような六部殺しは,単に不幸の説明としてだけでなく,ある共同体内で富裕になった家があると,を説明するのにも用いられるといいます.

つまり,その家が豊かになったのは,六部から殺した金によってであり,その後没落したのは六部のたたりによってであるというわけです.

同様に,ある家が富裕になったことの説明としてよく用いられるのが,狐つきや狗神つきです.
その富裕になった家は,実は狐つきの家筋で,狐が他家から金品を奪って豊かになったというのでsy.

それゆえ,こういう言い伝えがある村では,狐つき筋とされた家は,たとえば,会社を持っていて,その村の人たちがそこで雇われているとしても,雇い主が雇われている側から差別されたりします.

本来強者であるはずの豊かな人間が,本来弱者であるはずの貧しい者たちに(人を殺してその金品を奪った,低級霊を使って他者の金品を奪った)「悪」として,差別されるわけです.

呪いは,こういった庶民レベルの信仰にとどまらず,権力者にも浸透していて,日本の歴史はこの呪いや祟り,そしてその鎮魂を抜きにしては語れないといいます.

ところで,現代社会では,「呪い」そのものはなくなったわけではありませんが,「呪いのパフォーマンス(たとえば丑の刻参りとか)」が効く,という信仰はやはり薄くなってきています.

小松和彦は,このことによって,以前ならば,「呪い」の気持ちを強く持った人間は,「のろいのパフォーマンス」によって相手に呪いをかけ,それで相手が何らかの不幸になれば,自分の呪いが効いたと思ってある程度,鬱憤を晴らすことができ,怨念が浄化されていたわけですが,そういった「呪いのパフォーマンス」に頼ることが少なくなった現在では,怨念は浄化されずに,相手の身体を直接的に攻撃するという形をとって顕在化する恐れがあるかもしれないといいます.

そう考えると,ああいったさまざまなヴァリエーションの呪詛の体系を作り上げた人類の執念も恐ろしいのですが,それはそれで呪いを浄化する働きがあるので,ある意味,社会秩序を保つために必要なものなのだなあという気もしますね.

丑の刻参りをしている女性を見つけてもそっとしといて上げましょう.ていうか,そんなこと言われなくても関わりたくないですね.
[PR]
# by kunihisaph | 2004-05-29 12:28 | ヘリクツ/疑問/雑学/読書